「輩系」のお客様を自分の指名客にするメリットとは?

実は「輩系を制する者はキャバクラを制する」?

キャバクラにはサラリーマンだけではなく、輩系と呼ばれるお客様も多数来店します。歌舞伎町などにも多いですが輩系には、

  • 若い雰囲気なのにブランド物を身につけている
  • ギラギラしたオーラで派手に飲むのが大好き
  • 数人で来店する

などのわかりやすい特徴があり、お店によっては客層のほとんどが輩系だったりします。外見が怖かったり、普通のサラリーマンなら通用する接客がNGだったりするため、苦手意識があるキャバ嬢も多いかもしれませんが、これは非常にもったいないです。

実は輩系にはお金持ちが多いので好かれればかなり稼げます。また輩系はVIPルームがあるようなお店で飲むのも好きなので、将来的に高級店で働きたい気持ちがあるなら輩系からは好かれた方が良いでしょう。

今回は輩系のお客さんに好かれた方が良いメリットについてご紹介します。

団体で来店することが多いので稼げる

輩系は基本的に団体行動を好む傾向があります。仮に初めてのお店に来店した際にも、

  • 他人のペースに従いたくない
  • 自分の空気に染めたい
  • アウェイな環境になる状況を避けたい

と考える傾向があるからか、新規開拓する時は必ず複数人で来店します。

実はこれはキャバ嬢にとってはチャンスで、もし一人のキャバ嬢を気に入れば、下っ端や友人と一緒に来店してくれることがほとんどなので一回の会計料金は高額になりやすいのです。

指名バックが定額ではなく「売上の〇〇%」になってたり、給料形態が売り上げ折半だったりする場合、団体で来店してくれる輩系は間違いなく太客になります。

少ない時間で派手に飲んでくれるだけでなく、キャバクラがお金を使って遊ぶ場所だとわかっているからこそしっかりシャンパンなどを入れてくれたりするので、短い時間で効率的に稼げるんです。

輩系がお客様になると稼げるというのはきちんとした理由があります。

来店頻度が高い

また「大金を使ってくれる」だけではなく来店頻度も普通のお客様とは違います。

普通のサラリーマンが毎日お店に来るには、自分の人生の楽しみを犠牲にするか、貯金を潰しでもしない限りは不可能な場合がほとんどです。しかし輩系はお金があるので毎日のようにキャバクラで遊びに来れます。

つまり自分のお気に入りのキャバ嬢ができれば一軒目はそこで飲むかという流れもできます。しかも先ほどお話ししたようにほとんどの場合複数人で来店します。

毎日一人はお店にきてくれるお客さんがいれば、キャバ嬢からするとかなり精神に余裕が生まれます。「同伴どうしよう」「指名どうしよう」といったノルマの悩みに悩まされず、自分らしく接客できるので、輩系を掴んでおけばノルマに追われる日々とは無縁です。

金払いも非常に良い

そして輩系はその立場上、ファッションや口調・装飾品で男らしい自分を周囲にアピールしています。基本的には女々しい姿をキャバ嬢には特に見せたくないと思っているので、見栄っ張りな可能性が非常に高いです。

よほど高額なおねだりなら話は別ですが、ドリンク程度なら渋らずに好きなだけ飲ませてくれますし、自分が受けた恩義に関しても義理堅く返そうと考えるので、他のお客様よりも簡単にシャンパンなどをおろしてお返ししてくれたりもします。

反対に貧乏サラリーマンやケチなお客様にお金を使わせるのは非常に面倒なことです。

金払いの良いお客様を見極めて接客するのが合理的なやり方ですが、その点からも輩系のお客様は非常に良いお客様になる可能性を秘めています。

ラウンジやキャバクラの面接のカンタン申し込み

◇LINEにてお友達追加◇
まずLINEにて友達追加をしていただきます。
友達追加をしていただいたらご希望のエリアや条件、もしくは希望の店舗が決まっている場合は希望店舗をメッセージにて送信していただきます。
(参考)
どんな店舗があるのか分からない。どういう条件待遇があるのかもさっぱり分からないという場合でも問題ありませんので、分かる範囲で希望をお伝えください。
 ↓
◇面接日を設定◇
面接希望日をお伝えください。店舗とスケジュール調整し、日時を決定します。
 ↓
◇面接当日◇
当日、当社のスタッフが約束の日時場所のお迎えにいきます。店舗までご案内いたしますし、面談を行ってご相談の上で面接に行く店舗を決めることもできます。履歴書は不要です。
 ↓
◇面接終了後の流れ◇
面接終了後、結果がわかり次第合否をお伝えします。
不採用の場合は他の店舗のご提案いたします。
採用の場合、体験入店の希望日をお伝えください。店舗とスケジュール調整し、日時を決定します。
 ↓
◇体験入店当日◇
顔写真つきの身分証を必ずご持参ください。
また体験入店の当日に、事前の当日確認のご連絡をしますので必ずご返信をお願いします。キャンセルもしくはリスケ希望の場合はお気軽にご報告ください。日程変更の再調整をします。
 ↓
◇体験入店後◇
体験入店合否もわかり次第報告します。不採用の場合は他の店舗のご提案。採用の場合、本入店の希望日をお伝えください。もちろん他の店舗も見たいから保留とかでも問題ありません。
 ↓
◇入店以降のサポート◇
入店後も「客層の雰囲気が合わない」「提示された待遇が最初の話と違う」など、働きだして感じたことなどお気軽にご相談ください。当方が代わりの窓口となって店舗様と対応交渉します。

以下がLINEでの応募フォームになります。

ラウンジやキャバクラのバイトの面接と体入もスムーズに案内します。

LINEアイコン

つまらないと言われるキャバ嬢の特徴

「落ち着いている」は褒め言葉ではない?

お客様から「おとなしいね」「落ち着いているね」と言われた経験はありませんか?実は気づいていない人が多いですが、お客様からそう言われた時は今の接客方法を見直すべきです。

お客様は「つまらないなぁ」と感じた時に「おとなしい」とか「落ち着いている」という言葉を使いがちだからです。容姿がどんなに可愛くても面白みに欠けるキャバ嬢は一緒にいて退屈です。

もちろんルックスが良ければ場内指名はもらえますし、上手くいくと「顔が可愛いから」と、1〜2回指名されることはあっても大抵は続きません。これではいつまでたっても売り上げが安定しません。

今回はお客様が一緒にいて「つまらない女」だと感じる残念なキャバ嬢のパターンを紹介します

お客様に興味を持たないキャバ嬢

お客様は自分に興味を持ってくれるキャバ嬢が大好きです。ですのでもし「こいつは俺に興味があるんだな」と思わせられるキャバ嬢は好感度があがりやすいですし、そのあとの指名にも繋がりやすいです。

ですので仮にあまり自分が知らない話でも、「それって◯◯だったりするんですか?」とわからないなりに話を続けよう、質問をして話を膨らまそうという努力は大事になります。

お客様は自分に興味を持ってくれるキャバ嬢なら、接客がぎこちなくてもあたりが柔らかくなります。

反対にお客様に興味がないキャバ嬢は態度から興味のなさが透けてます。
例えば以下のような行動がそう誤解されるパターンです。

  • 何回も同じ事を聞く・話す
  • お客様に話を振らない
  • 生返事をする
  • 笑わない
  • 目を合わせない
  • ずっとスマホを触っている

これらの行動は相手に興味がないのが伝わってしまう行動ですのでなるべく避けましょう。結局のところどんなに可愛くても、自分に興味を持ってくれないキャバ嬢を指名し続ける人はいません。

お礼を言えないキャバ嬢

キャバクラにくるお客様は女の子から優しくされたいからくるという人が大半です。正直なところ、おじさんになればなるほど女性から優しくされる機会が減るので、お金を払ってでも優しくされたくなります。

そして感謝の気持ちを見せる、お礼をきちんと言うことも優しさの一つです。

お客様へのウケが悪いキャバ嬢はお客様への感謝の気持ちが足りないことがほとんどです。

何かしてもらった時に、ネックレスくれるんですか?わー、可愛い〜。ありがとうございます〜」だけで終わってしまうキャバ嬢と、「え!嬉しい〜。◯◯さんが私の為に選んでくれたの?わ・・・どうしよ、泣きそう。え、今つけたい!ねえ、◯◯さん、つけてもらっても良い?(つけた後)どうかな?似合う?◯◯さんが私に似合うものを選んでくれたんだって自慢して歩く!」感謝感激の気持ちをはっきりと出して嬉しそうにしてくれるキャバ嬢のどちらが「ネックレスをあげてよかった」と思えるかというと、後者なのは当然でしょう。

お客様がその時してくれた行動にフォーカスを当てて感謝してあげましょう。相手がその行動を取った意図を読んでそれに応えてあげることが重要ですし、接客術のキモです。

感謝は無料で出来るお返しですが、案外できていないキャバ嬢は多いです。他のキャバ嬢に差をつけるためにも頑張りましょう。

何もかもをお客様任せにするキャバ嬢

例えば同伴やアフターに行く際などにはっきり出てしまいがちですが、お客様に決断を丸投げしていませんか?

心理学的に見ると、一般的に決断という行為は脳を疲れさせると言われています。実際に断捨離が苦手な人が多いのは、断捨離という行動には決断する要素が多いからというのもあります。

控えめなことと、相手に何もかもを任せてしまうことは違います。

例えば同伴でどこへ行くか決める際にも、「私、焼き鳥がすっごく食べたくて。ねえ、◯◯さんも焼き鳥好き?美味しいお店知ってるんだけど、一緒に行こうよ!」と普段からお客様が決断するポイントを減らしてあげるのがコツです。

どこに行きたいか・何をしたいかをしっかりお客様に伝えてあげれば、お客様も自主的に誘いやすくなります。

「◯◯ちゃんは何が食べたい?」「◯◯ちゃんは何が飲みたい?」「今度のクリスマスはどんなプレゼントが欲しい?」とお客さんから聞かれた時も、「なんでも大丈夫ですよ!」的な返しは良くないです。

どうすれば良いかわからないから聞いているのに、相手から「なんでも良い」と言われてしまうと「本当はいらないのかな?」とすら思わせてしまいます。

尽くし甲斐がないと感じさせてしまう行為です。

相手を気遣うなら、

  • 一緒に考える
  • 一緒に決める
  • 私はこう思うと伝える

この3つのポイントを意識しながら主体的に行動するといいです。

ラウンジやキャバクラの面接のカンタン申し込み

◇LINEにてお友達追加◇
まずLINEにて友達追加をしていただきます。
友達追加をしていただいたらご希望のエリアや条件、もしくは希望の店舗が決まっている場合は希望店舗をメッセージにて送信していただきます。
(参考)
どんな店舗があるのか分からない。どういう条件待遇があるのかもさっぱり分からないという場合でも問題ありませんので、分かる範囲で希望をお伝えください。
 ↓
◇面接日を設定◇
面接希望日をお伝えください。店舗とスケジュール調整し、日時を決定します。
 ↓
◇面接当日◇
当日、当社のスタッフが約束の日時場所のお迎えにいきます。店舗までご案内いたしますし、面談を行ってご相談の上で面接に行く店舗を決めることもできます。履歴書は不要です。
 ↓
◇面接終了後の流れ◇
面接終了後、結果がわかり次第合否をお伝えします。
不採用の場合は他の店舗のご提案いたします。
採用の場合、体験入店の希望日をお伝えください。店舗とスケジュール調整し、日時を決定します。
 ↓
◇体験入店当日◇
顔写真つきの身分証を必ずご持参ください。
また体験入店の当日に、事前の当日確認のご連絡をしますので必ずご返信をお願いします。キャンセルもしくはリスケ希望の場合はお気軽にご報告ください。日程変更の再調整をします。
 ↓
◇体験入店後◇
体験入店合否もわかり次第報告します。不採用の場合は他の店舗のご提案。採用の場合、本入店の希望日をお伝えください。もちろん他の店舗も見たいから保留とかでも問題ありません。
 ↓
◇入店以降のサポート◇
入店後も「客層の雰囲気が合わない」「提示された待遇が最初の話と違う」など、働きだして感じたことなどお気軽にご相談ください。当方が代わりの窓口となって店舗様と対応交渉します。

以下がLINEでの応募フォームになります。

ラウンジやキャバクラのバイトの面接と体入もスムーズに案内します。

LINEアイコン

稼げないキャバ嬢の特徴

失敗するキャバ嬢にはパターンがある

キャバ嬢として稼ぐために身につけた方が良い事がたくさんあります。まず当たり前のこととしては、最初に容姿が綺麗かどうか。これは最初にお客様を引きつける上で重要な要素です。

次に言葉遣い・お客様への気遣い・記憶力などが続きますが、稼げるかどうか一番の要は可愛げ(愛嬌)があるかどうかでは?という可能性が高いです。

ナイトワークをやるまでは甘え下手でなんにも問題なかったとしても、夜のお仕事で高時給を得たいと考えるならお客様にとって思わず可愛がりたくなる対象にならないと上手く行きません。

「稼げない…」と売り上げが伸び悩んでいる人はもしかするとお客様から「可愛げが無いな」と思われているかもしれません。

そこで今回は可愛げがないと感じるキャバ嬢の稼げない行動を紹介したいと思います。反面教師として活用していただければと思います。

笑顔がないキャバ嬢

普段のキャラクターのまま働こうと考える女性もいるようですが、笑顔を忘れているキャバ嬢にお客様は「怒ってるのかな?」「俺と話していてもつまらないのかな?」と感じてしまいます。少し社会的地位が偉い人ならそれだけで怒り出してしまう事も十分あり得ます。

キャバクラは接客業ですし、お客様が楽しい気持ちになれるようにお酒を一緒に飲むのがお仕事である以上、笑顔を作らないのは客商売をバカにした行為になります。

そもそも自分に置き換えて考えてみるとわかりやすいですが、常にニコニコしているお客さんの方がこちらも接客しやすいですよね?常に自然な笑顔を心がけているキャバ嬢の場合、笑い慣れていないキャバ嬢に比べると近寄りやすい・話しかけやすい空気があります。

人が仲良くなる上で初対面の印象は非常に重要です。人は見た目が9割とよく言いますが、キャバクラの場合は特にその傾向が強くなり、見た目が良ければ良いほど初対面でのお客様の反応は良くなります。

とはいえどんなに容姿が綺麗でもにこりともしない(これは自分に媚びてこないという意味でもあります)キャバ嬢に何度も会いたいと考えるお客様は非常に少ないです。クールに見えるキャバ嬢でも、お客様の前では笑っていたりするのはギャップがあってお客様に気に入ってもらえる要因になります。

お客様はキャバ嬢という露出度の高い派手なメイクの美人からちやほやされるのが楽しみで飲みにきています。満面の笑みで迎えるくらいの愛嬌はあるべきです。

自分の容姿にたとえ自信がなかったとしても、笑った方が絶対にプラスになります。笑顔はキャバ嬢を美しく魅せる仕上げに欠かせないメイクのようなものだと思っていて損はありません。

下ネタに対応できないキャバ嬢もだめ

キャバ嬢をしていて、下ネタ一切NGのキャバ嬢はお客様からすると地雷嬢に感じられてしまう可能性があります。最近はどこへ行ってもパワハラ・セクハラがうるさくなってきたので、昔のように気にしないで下ネタで盛り上がりたいと思っても、それが許されるのは夜のお店くらいになってきました。

そういう機会を求めてお店に来ているのにキャバ嬢にまで露骨に嫌な顔をされて拒否されると、お客様が楽しめなくなってしまいます。
接客業ですのでこれではまずいです。

可愛げのあるキャバ嬢はセクハラを言われたとしても、「も〜◯◯さんのエッチ」となるべく笑い話になるように話を持っていくテクニックがあります。

しかし下ネタに対応することは必要とは言っても自分からマニアックなプレイをしたというような体験談を話したりするのはやりすぎです。可愛げのあるキャバ嬢は、下ネタの間はちゃんと恥ずかしいという態度を取ります。

グイグイ下ネタに乗る女の子よりも、恥ずかしいけど実は少しエッチなことに興味があるというくらいの女の子の方が、お客様には受けが良いです。

ラウンジやキャバクラの面接のカンタン申し込み

◇LINEにてお友達追加◇
まずLINEにて友達追加をしていただきます。
友達追加をしていただいたらご希望のエリアや条件、もしくは希望の店舗が決まっている場合は希望店舗をメッセージにて送信していただきます。
(参考)
どんな店舗があるのか分からない。どういう条件待遇があるのかもさっぱり分からないという場合でも問題ありませんので、分かる範囲で希望をお伝えください。
 ↓
◇面接日を設定◇
面接希望日をお伝えください。店舗とスケジュール調整し、日時を決定します。
 ↓
◇面接当日◇
当日、当社のスタッフが約束の日時場所のお迎えにいきます。店舗までご案内いたしますし、面談を行ってご相談の上で面接に行く店舗を決めることもできます。履歴書は不要です。
 ↓
◇面接終了後の流れ◇
面接終了後、結果がわかり次第合否をお伝えします。
不採用の場合は他の店舗のご提案いたします。
採用の場合、体験入店の希望日をお伝えください。店舗とスケジュール調整し、日時を決定します。
 ↓
◇体験入店当日◇
顔写真つきの身分証を必ずご持参ください。
また体験入店の当日に、事前の当日確認のご連絡をしますので必ずご返信をお願いします。キャンセルもしくはリスケ希望の場合はお気軽にご報告ください。日程変更の再調整をします。
 ↓
◇体験入店後◇
体験入店合否もわかり次第報告します。不採用の場合は他の店舗のご提案。採用の場合、本入店の希望日をお伝えください。もちろん他の店舗も見たいから保留とかでも問題ありません。
 ↓
◇入店以降のサポート◇
入店後も「客層の雰囲気が合わない」「提示された待遇が最初の話と違う」など、働きだして感じたことなどお気軽にご相談ください。当方が代わりの窓口となって店舗様と対応交渉します。

以下がLINEでの応募フォームになります。

ラウンジやキャバクラのバイトの面接と体入もスムーズに案内します。

LINEアイコン