売れるキャバ嬢になるための工夫とは?

ちょっとした工夫をしてますか?

キャバ嬢は自分が売れることでのみ、高収入やお店での地位を築くことができます。ある意味徹底的に実力主義の世界ですので誰にでも平等にチャンスがあると言えます。

とはいえ売れるためには、ただ単純に可愛い、キレイなだけでなく、それ以外のスキルや持ち味を出すことが必要です。人気のあるキャバ嬢は意外と目立たないところで努力をしています。手っ取り早く売れることができれば最高ですが、この業界はそれほど甘くありません。

そこで今回は初心者もなかなか芽が出ないで悩むキャバ嬢もまずは売れるために必要な工夫について考えてみます。

連絡先交換も工夫次第で変わる?

キャバ嬢が売れるために最初にしなければいけないのが、連絡先の交換です。これは義務のようなものなので、連絡先が交換できないのであればキャバ嬢としてやっていけない前提のようなものです。スマホやSNSのない時代から、キャバ嬢は連絡先を交換して営業に生かしてきたものです。

現代では連絡先を知ることはずっと簡単になって、誰でも出来るようになりました。そのため、連絡先交換をして満足するのではなく、した後の対応で差をつけていきましょう。

親しくなったばかりの男性客には、なれなれしくし過ぎず、ゆっくりと距離を縮めることが大切です。いきなり恋人のようなメールを突然送られたら当然、引きますので注意してください。当然ですが、営業メールばかりを送っていても迷惑がられるでしょう。

売れるキャバ嬢は基礎中の基礎である「感謝の気持ち」を届け、やり取りの中ではその人の興味のある話題をピンポイントで取り入れます。 来店の翌日にはお礼をきっちりと述べて、会話の中で楽しかったことやお客様が熱心に話していたことを織り交ぜます。仕事や趣味などを聞き出して盛り上がったなら、その内容を忘れないようにメモしておき、その後のメールや電話で使えるようにしておくことが大切です。

その男性客としか話していない内容に沿ったメッセージを送ると、 受け取った側も「あ、覚えててくれたんだ」と好感を抱きます。ただのお礼メールやLINEですとコピペにも見えてしまいますが、文面にお客様の名前や話をした内容がほんの少しでも盛り込まれているとお客様が感激してくれます。

こういうわずかな「工夫」が他のキャバ嬢と大きな差をつけます。

対応可能な話題を増やす

キャバクラに足を運ぶお客様は女の子とお話をして楽しみたいのです。しかも自分の話を聞いてもらったり褒めてもらいたいのが男心というものです。

ところが相手をするキャバ嬢が知識も乏しく会話についてきてくれなければ、話を楽しむことが出来ません。聞き上手なキャバ嬢もいますが、全く知識がないもので話を広げることは難しいでしょう。そのため、いろいろな話題に応じられるようにキャバ嬢自身も情報収集が欠かせません。

別に銀座のクラブ並に政治や経済の話をしろと言っているわけではなく、お客様の層に合った知識を高めていけば良いのです。例えば趣味の話やスポーツ、漫画などの話でも盛り上がります。何となく知っているくらいでも良いので、広く浅くいろいろなことに興味を持っておきましょう。

基本を知っていれば、質問しながら話を進めていけます。ただし、お客様よりも詳しい場合には知らない振りをして相手を立ててあげることも必要です。 また下ネタにも対応可能なキャバ嬢はざっくばらんに楽しんでもらえそうです。下ネタは男性が好きなジャンルですので過剰に嫌がったりせずほど良く恥ずかしがりながら対応してあげると良いでしょう。

この辺もちょっとした「工夫」で差をつけることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です