赤ちゃんに優しいおしりふきを使おう【何かと重宝】

無添加のものを選ぼう

赤ちゃん

布やコットンで手作り

市販のおしりふきシートの中には添加物がふくまれているものもあり、肌の弱い赤ちゃんに使用するとおむつかぶれを起こす可能性があります。新生児の皮膚はデリケートで、わずかな刺激でもかぶれてしまうことがあるので、肌に触れるものは無添加のものを選ぶのが良いでしょう。市販のおしりふきの代わりに、さらしや使い古しのTシャツで作る布のおしりふきやコットンおしりふきを使う方法があります。布やコットンなら無添加なので、デリケートな赤ちゃんの肌にも安心して使うことができます。布のおしりふきはさらしや古布を使いやすい大きさにカットしておくだけで作れます。使用するときはぬるま湯に布を浸し、少し絞ってから拭きます。汚れがひどい場合は使い捨てにし、軽い汚れなら洗濯して何度も使えるので節約にもなります。一番手軽に作れるのがコットンおしりふきです。用意するものはコットンと手軽な大きさのタッパーなどの容器です。タッパーはきちんと蓋が閉まるタイプが良いでしょう。作り方はタッパーに入れるコットンをお湯で湿らせ軽く水分を絞ります。厚みがあるコットンは使いやすいようにはがしてから重ねて入れていきます。コットンはドラッグストアや赤ちゃん専門店などで手軽に購入することができますし、タッパーは100円ショップの商品で十分です。コットンおしりふきは作りっぱなしにしないで、一日分使用する量だけを毎日作るのが衛生的です。持ち運びもできるので、小さめのタッパーに作っておけば、外出に持参することもできます。